乳酸菌

ナチュラルサプリメント法

乳酸菌

乳酸菌
乳酸菌(にゅうさんきん)が代謝によって乳酸を生産するバクテリアの非科学的な一般名。
ヨーグルト、乳酸菌飲物、ピクルスを含む食物の発酵に貢献します。
若干の乳酸菌はいつも消化管(腸のバクテリア)と腸のような膣にあって
生きた体を他の病原性微生物から保護します。
そして、ホメオスタシス・メンテナンスを助けると思われます。

乳酸菌が、いろいろな発酵する食物の生産のために使われました。
ヨーグルトまたは乳酸飲料のような発酵する乳製品のような肝心なことのために
塩とモルト、ピクルス、発酵で保存されるキムチと新鮮なラディッシュは
ザワークラウト(似合われるcrucianの寿司)のような製品を設置して、寿司を含みます。
乳酸菌による発酵は味覚の変化と主にこれらの食物に酸性度から成る香りを与えます。

そして、食物のpHが乳酸によって酸性の側にそれるので、腐敗と食中毒を引き起こす
他の微生物の繁殖をコントロールして、食物の長期の間維持を可能にします。

そのうえ、発酵の場合、乳酸菌はビタミンCを生産します。
そして、密度は発酵の前の新しいミルクのようなビタミンCより高くなります。
ビタミンCのほとんどどれも、ミルクに含まれません。
理由は、子牛が単独でビタミンCを組み立てることができるので
それがミルクからそれを理解するのに必要でないからです。
ナチュラルサプリメント法